お知らせ

第10話:送り火で終わるお盆

2016年8月11日

10wa_title

10wa

お盆の最終日、一緒に過ごしたご先祖様の霊をお見送りするために「送り火」を焚きます。

各家庭ではオガラを焚くのが一般的ですが、

地域で伝統行事となっていることも多く、特に有名なものは「灯篭(とうろう)流し」ですね。

※一部地域では「精霊(しょうりょう)流し」とも言います。

 

灯籠流しとは、火をともした灯籠を、お供え物などと一緒に、海や川に流す風習です。

ご先祖様の霊(精霊)は、灯籠に乗って川を下り、海の向こうにあるあの世へ帰っていくといわれています。

 

灯籠が川を下っていく様子は、とても幻想的。

ゆらめく炎は美しくも、 お盆の終わりを感じて、どこか寂しいものです。

でも、また来年もご先祖様に帰ってきていただくために、「ありがとう」の想いを込めて、みんなでお見送りしましょう。

 

ギャラリーメモリアお盆特集のコミックは、今回で最終回となりました。

 

お盆を少しでも身近に感じて、家族の皆様で過ごすきっかけになればとても嬉しく思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

▶第9話:じぃとの想い出

お盆特集へ戻る

 

 

お知らせ一覧へ戻る