お知らせ

映画『疾風ロンド』に登場!エレガントな仏壇「セルフィーユ」

2016年12月6日

横浜関内店


久しぶりの更新となってしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

12月に入り、冷たい風と空気で、 冬の訪れを感じるようになってきました。

 

当店に隣接している横浜公園も徐々に木の葉が落ちて、表情が移り変わってきています。

いよいよ本格的な冬の到来ですね。

 

さて、この冬を盛り上げるように大ヒットしている映画「疾風ロンド」に、現代仏壇が美術協力しています!

 

『疾風ロンド』とは、東野圭吾原作の人気小説を、阿部寛主演で映画化した作品。巨大スキー場を舞台に、阿部寛扮する頼りない研究員・栗林和幸が、医科学研究所から盗まれた違法生物兵器を取り戻そうと奔走する、サスペンスコメディです。

疾風ロンド画像

©2016 SRCP

物語序盤に、年頃の息子と心を通わせることが難しくなってきた栗林は、亡き妻の仏壇に向かい、「お前がいてくれたらな…」と手を合わせます。そこで登場するのが、当店にも展示している現代仏壇・花シリーズの「セルフィーユ」です。

セルフィーユ1
扉のゆるやかな曲面がエレガントな印象で、一見洋室向きの仏壇のように見えますが、和室にもとても似合います。映画でも和室に設置され、お部屋に溶け込んでマッチしていました!

セルフィーユ木目

扉にはシカモア材の「カーリー杢」を使用しています。カーリー杢はシカモア材の中でも非常に珍しく、見る角度によって木目の見え方が変わり、光を浴びると美しい光沢が現れます。

セルフィーユ内部
本尊スペースは両側からの光に照らされ、仏像や掛軸に影が入らず、明るくお祀りできます。セットしている仏具は新商品で萩ガラス製の「ルミナス」。繊細な内ひびと萩ガラス特有のピンクでより華やかな空間を演出します。

セルフィーユアップ

側面のスウェード調の人工皮革は上質感にあふれ、緩やかな曲面をたどった先には、まるで別の世界が広がっているかのようです。気になられた方は、ぜひギャラリーメモリア横浜関内店で実物をお確かめください。

 

この上品な佇まいは『疾風ロンド』でも、ひときわ存在感を放っていました。実は冒頭だけでなく、エンディングにも登場しますので、ぜひ最後までご覧ください!

お知らせ一覧へ戻る