お知らせ

小さな幸せ ~菜の花畑より~

2017年3月17日

札幌駅前店

春の足音が軽やかに響く3月、いかがお過ごしですか?

段々と日が長くなり、心なしか空も明度を増したように感じます。

しかし、週間天気予報を眺めては見るものの最高気温は一桁、最低気温はマイナスの日々が続きます。

路面凍結と闘いながらの外出から解放される日が待ち遠しいのですが、道々から雪が解け消えるまではもう少しかかりそうですね。

 

そんな折、「お父さんと公園に行ってきました」とのメールに、1枚の画像。

遠方の母から、春の便りでした。

画面いっぱいに広がる菜の花畑はとても懐かしく…子どもの頃当たり前に見ていた景色が、揺るぎない日本の美しい四季そのものだったのだと感じます。

今回は、そんな可愛らしい菜の花のようなコーディネートをお届けします。

レイティス_札幌

〔レイティス〕

出窓やサイドボードの上にも設置できる、引き出し付きの小さなお仏壇です。

チェック柄の寄木で作った脚は、繊細な斜めのカッティングが入ることでより立体感のあるデザインになっています。

背面には希少なバーズアイメープルを使用し、ブビンガのブラウン色とのコントラストある作りが特長です。

カナリア_札幌

〔カナリア〕

温かな木目をより際立たせているのが、鮮やかな黄色のお仏具カナリアです。

小鳥のカナリアのように愛らしいカラーは、見る角度によってはオレンジにも見える半透明の天然石(オニキス)でできています。

いかがですか?すっと惹き込まれてしまいそうな縞模様ですよね。

さながらジュエリーのように輝く理由は、石英の非常に細かい結晶が集まってできているからなんです。アゲート(めのう)に近いとも言える複雑な模様が、光をキラキラと反射して…見ているだけでなんだかとても、優しい気持ちになります。

冬と春の境で、凛とした空気と柔らかな月明かりが混じるような。

吐く息の白さに一瞬霞む空、足元には芽吹くまであと一歩の緑・・・。

日本で生きる人々それぞれが、ふと思い出せる風景ではないでしょうか。

菜の花畑_札幌

菜の花畠に 入日薄れ

見わたす山の端 霞ふかし

春風そよふく 空を見れば

夕月かかりて にほひ淡し

(朧月夜)

月は出ていませんが・・・寒咲きナノハナを皆様へ。

お知らせ一覧へ戻る