お知らせ

2017年のお盆はいつ?

2017年5月30日

「お盆」というと、皆さんは何を想像しますか?

 

家族が集まって仏壇に手を合わせたり、お墓まいりをしたり…。
漠然としたイメージはあるけれど、よく分からない!という方も多いと思います。

 

このページでは、

『お盆って何?』

『何をしたらいいの?』

『2017年のお盆の時期は、いつからいつまで?』

と、お盆について気になる疑問をまとめました。

 

■お盆って何?

夏の野山web

お盆は盆休みを取って帰省する夏のお休み…というイメージがありますが、ご先祖様の霊を供養し、その冥福を祈る夏の行事です。その語源は仏教の「盂蘭盆(うらぼんえ)」という言葉から転じたもので、この期間は亡くなった方達がこの世に帰ってくるとされ、お供えや盆提灯を飾ってお迎えします。

 

■何をしたらいいの?

お盆イラストweb

お盆はご先祖様の魂があの世から家に戻ってくる期間。大事なお客様をおもてなしするように、準備を行います。

 

盆入りの日に家族揃ってお墓参りをして、その日の夕方、家の前で「迎え火」を焚きます。これは、ご先祖様が迷わず家に帰ってくるための目印です。お盆の間は盆提灯や、魚やお肉を食材に使わない精進料理をお供えして供養します。やがて盆明けの日の夕方、再び火を焚いてあの世にお送りします。これを、「送り火」と呼んでいます。

 

こちらは基本的な流れですが、一番大切なのはご先祖様をおもてなしする気持ちです。

親戚が集まって一緒にひとときを過ごすことが、ご先祖様にとって何より嬉しいことかもしれませんね。

 

■2017年のお盆は、いつからいつまで?

お盆の時期web

お盆の時期は、各地域によって異なります。
7月に行う地域、8月に行う地域、さらには旧暦に基づいて行う地域があります。

 

『7月盆』(新暦のお盆)

『8月盆』(月遅れ盆)

『旧盆』(8月初旬~9月初旬の間で毎年変動する、旧暦のお盆)

 

なぜ3つの時期が存在するのでしょうか?

 

もともとお盆は、旧暦7月15日の「中元節(ちゅうげんせつ)」に行われていましたが、
明治時代、新暦が採用された時に地域によって時期が分かれてしまったのです。

 

【2017年の場合】

●7月盆の地域(新暦のお盆)

関東は7月にお盆をお迎えすることが多い地域です。

7月13日(木) 盆入り
7月14日(金) 中日
7月16日(日) 盆明け

 

●8月盆の地域(月遅れ盆)

全国の広い地域で8月にお盆を迎えます。

関東に住んでいる人でも、8月に帰省して地元のお盆に参加される方も多くいらっしゃいます。

8月13日(日) 盆入り
8月14日(月) 中日
8月16日(水) 盆明け

 

●旧盆の地域

沖縄

沖縄地方では、お盆は旧暦に基づいて行われています。

お盆の3日間を1日目(ウンケー)2日目(ナカビ、ナカヌヒ)、3日目(ウークイ)と呼び、

2017年は、新暦でいうと9月3日~9月5日にあたります。

9月3日(日) ウンケー(盆入り)
9月4日(月) ナカビ/ナカヌヒ(中日)
9月5日(日) ウークイ(盆明け)

 

「お盆」は3つの時期があるだけでなく、その行う行事も地域によりまったく異なります。各地の歴史や文化と融合し、独自の風習がつくられてきたのです。

 

お盆について分からないことは、ギャラリーメモリアにお問い合わせください。

 
▶第10話:送り火で終わるお盆

お盆特集へ戻る

お知らせ一覧へ戻る