お知らせ

ドラマで話題!おしゃれな仏壇の盆飾り

2017年7月31日

香の都お盆飾り

テレビ朝日の昼帯ドラマ「やすらぎの郷」で、主人公の菊村栄(石坂浩二)さんのリビングに登場した「香の都」を、おしゃれな盆棚として飾りました。艶やかな赤色に華やかな金箔が印象的。ドラマでは、妻の律子(風吹ジュン)さんのお位牌と写真がお祀りされていました。

 

ギャラリーメモリアでは「あのドラマの仏壇ってある?」「オシャレな赤い仏壇、見たかったの!」と、ドラマの反響でたくさんのお客様が来店されました。シンプルモダンな仏壇は、特別な日のステージとして盆棚にぴったりです。

精霊馬お盆飾り

お盆飾りに欠かせないのは、愛嬌のある精霊馬ではないでしょうか。ご先祖さまの霊を乗せて来るのは、キュウリの馬。夏野菜のキュウリを足の速い馬に見立てています。帰りの乗り物はナスの牛。足の遅い牛には、ゆっくり揺られて戻れるようにという願いが込められています。

 

新鮮なキュウリの見分け方は、重くて全体にハリがあり、表面の緑色が濃いもの。ナスはヘタの切り口が新しく、ガクの部分にあるトゲが鋭くとがっているほど新しいものになります。精霊馬をつくるなら、ちょっと曲がっているぐらいが動物っぽい感じに仕上がります。

盆提灯お盆飾り

盆提灯は、ご先祖さまの霊が迷わないように「こっちが家ですよ」と、ご案内する明かりです。スタンドタイプなら、日常はおしゃれなインテリアランプとしてリビングに設置できて、癒しの光が空間を和ましてくれます。

お供え膳お盆飾り

お盆の間は、ご先祖さまの食事を小さなお膳に用意します。お供えする時は、すぐ食べられるように蓋を取り、お箸をご先祖さまの方に向けるのが習わし。例えば果物をお供えする場合は、食べやすいようにカットして、お皿に盛ってフォークをつけます。

 

古来の日本人は、霊の気配を身近に感じていたのではないでしょうか。それは怖いものでなく、 いつも見守ってくれるあたたかな存在。だからこそ、お盆におもてなしをする風習が伝わっているのだと思います。ご先祖さまと過ごすひとときを大切に、感謝の気持ちで迎えたいですね。

 

お盆の疑問はギャラリーメモリアへお気軽にお問い合わせください。
 
▶写真でよくわかる!迎え火と送り火のやり方

お盆特集へ戻る

お知らせ一覧へ戻る