お知らせ

心がほっこり和む、おすすめ秋色仏具

2017年11月24日

名古屋栄店


秋。 毎年、この季節がくると幸せな気持ちになります。

 

金色の稲穂、きつねのしっぽのようなススキの穂、色づく木葉。
秋っていいなあ。

1711名古屋コラム秋のイメージ

そんな美しい秋に、おすすめの秋色仏具。

1711名古屋コラム1

1711名古屋コラム2

九度山

 

漆器を感じる風合いが趣きを感じさせる陶器の仏具です。
「渋赤(しぶあか)」と名付けた酸化鉄を混ぜた釉薬をかけており、「根来(ねごろ)漆器」のような色合いが独創的。「根来漆器」とは、鎌倉時代に和歌山県高野山の根来寺の僧侶が使い始めたとされる漆器。

 

商品名「九度山」は真田幸村が幽閉された地として有名です。真田勢の甲冑の朱赤に色合いが似ていることから名づけられました。

 

1711名古屋コラム3

1711名古屋コラム3

高千穂

 

熟した柿のような赤色と金色のコントラストが美しい陶器の仏具です。
落ち着いた美しい赤色が、素朴で温かみを感じさせます。さりげなく輝く金色が華を添えています。

 

1711名古屋コラム5

1711名古屋コラム6

ジャミール

 

岩手県の伝統工芸である南部鉄器に、アラベスク調のオリジナル模様を施した仏具です。温かみのある砂目の鉄器の表情、異国を感じさせる模様、カラーリングが見事に調和して、アンティークものの調度品のようにもみえます。金属でありながらも、温かみを感じさせる珍しい仏具です。

 

こっくり深まる秋に、ぬくもりを感じさせるモダンな仏具、いかがでしたでしょうか。
ひとつひとつ職人による手作りの仏具です。

 

ギャラリーメモリア名古屋栄では、このほかにもまだまだおすすめの仏具を展示しています。
ぜひ店舗でごゆっくりとご覧頂けたらと思います。

 

お知らせ一覧へ戻る