お知らせ

仙台の名産品、仙台駄菓子のような可愛いお供え

2018年1月23日

仙台青葉通店

仙台には美味しい名産品がたくさんあります。
牛タン、笹かまぼこ、ずんだ餅などは特に有名ですね。

そんな仙台の名産品のひとつ、『仙台和菓子』をご存知でしょうか。

1801仙台ねこ

 

『仙台駄菓子』とは、穀類を主材料に水飴や黒糖で甘味をつけた仙台市で作られる伝統的な和菓子です。
写真は右から「しおがま」、「うさぎ玉」、「若草ねじり」、「はっか糖」。
このほかにも、たくさんの種類が作られています。

 

もともと仙台に多かった駄菓子職人が全国の駄菓子の消滅を危惧し、全国を渡り歩いてその技法を継承したことが評価を受け、『仙台駄菓子』と呼ばれるようになりました。

季節を形や色や味で表現するその味わい深さは有名なグルメ漫画『美味しんぼ』でも紹介されています。

 

手作りが中心のため同じ種類のお菓子でも職人によって味は異なり、これもまた『仙台駄菓子』の特徴になっています。種類

ただ販売しているお店は仙台市周辺地域の河原町・小田原上杉などの路地裏にあることから、一度も食べたことがない、という人も多いのだとか。

 

 

今日はそんな知る人ぞ知る仙台駄菓子のような、可愛らしいお供えをご紹介します。

1801仙台ちりめん和菓子

色鮮やかなプチサイズの置き飾りです。
日本のおもてなしに欠かせない生菓子をちりめん素材で表現し、まるで本物のような質感にこだわりました。
1801仙台マロウライト

当店では、モダンな上置き仏壇「マロウライト」に合わせて元気なオレンジ色をコーディネートしてみました。

 

ほのかな香りで祈りの空間を優しく和ませてくれます。もちろんちょっとしたプレゼントにもぴったりですね。
他にも様々な種類をご用意しておりますので、ぜひお気に入りを見つけてみませんか?

 

お近くへお越しの際は、ぜひギャラリーメモリア仙台青葉店へお立ち寄りくださいませ。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

お知らせ一覧へ戻る