お知らせ

冬の水分補給のお話

2019年12月2日

横浜関内店

職場でも家庭でも何かとあわただしい師走。夏場は熱中症対策のためにせっせと水分補給をしていた私たちですが、冬場になるとなんとなく水分補給忘れていたりしませんか?

 

kaze

 

寒くなってきてからというもの、職場や街中で風邪を引いている人をよく見かけるようになりました。風邪対策の王道である「うがい」「手洗い」に加えて「水分補給」も大事な予防策のひとつです。風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、乾燥した状態で活発に活動します。反対に湿度50%以上になると活動が急激に低下するそうです。

 

また冬場には脳卒中や心筋梗塞の発症が増えます。これは寒くなって血圧が上昇することも一因ではありますが、水分補給も大いに関わっているそうです。水分摂取が少ないと、血液の粘度が上がり、いわゆる「ドロドロ」の状態となります。ドロドロ血液によって血管が詰まりやすくなり、結果として脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなると言われています。

 

この他にも忘年会などで飲酒の機会が多くなる季節でもあります。アルコールには利尿作用があるため脱水症状を起こしやすくもなります。寒い季節でも十分意識して水分補給したいものです。

 

仏壇もまた寒い季節の水分補給はとても気を付けています。多くの仏壇は天然の木材を多く使っているため、空気が乾燥するこの季節は、扉の開け閉めの度にキーキー鳴ったり、あまりにも乾燥がひどいと部分的にひび割れを生じるなんてことも場合によってはあるそうです。

加湿器_

ギャラリーでは冬の間6台の加湿器を1日中フル回転で稼働させています。スタッフが在籍している日中だけでなく、閉店後の真夜中も、です。湿度は常に60%を保つよう気を付けていますよ。

人も仏壇も水分補給って大切なんですね!

 

お知らせ一覧へ戻る