お知らせ

納骨堂のあるリビング~お墓を持たないという選択肢 ~ 「魅せるお仏壇」ルフランのご紹介

2020年6月19日

名古屋栄店

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。少しずつ外で過ごす時間も増えてきました。
これからの季節、楽しみなのは紫陽花です。

200616名古屋コラム5

可愛らしい小さな花がきゅっと身を寄せ合って咲いている健気な姿に、いつもこころが洗われます。

 

さて、今回のテーマは『納骨堂』です。最近は就職・転勤や後継ぎ問題といった様々なご事情で墓終いされる方が増えてきました。また終活の一環として生前整理としての墓終いを選択される方も少なくないようです。さらに言いますと、お墓そのものを用意しない選択をされる方がここ数年急激に増えています。

200616名古屋コラム4_1

ではお墓を用意しない方はお骨をどうするのでしょうか。最近では各寺院でも納骨堂を新しく設けたり、都心ではマンション型の納骨堂がかなり人気のようです。以前は四十九日までにはお仏壇を用意し、納骨も済ませてしまうといった風潮がありましたが、年々そういった流れも変化しています。

 

そのような時代の変化に伴い、お骨壺を中心にお祀りできるお仏壇がギャラリーメモリアのラインナップに登場。今回ご紹介させて頂く【ルフラン】は、お骨壺を中心にお祀りしたいというお客様の声から誕生したお仏壇です。

 

【ルフラン】

200616名古屋コラム2

世界三大銘木であるウォールナット材を使用し、跳ね上げ式扉ですっきりとした印象。最大の特徴はお骨壺を隠すことなく見える形でお祀りできるところです。これまでの台付タイプと違い、お骨壺を「見せる」ことをメインにデザイン。

 

200616名古屋コラム7

また本尊スペースの背板は、贅沢にもウォールナットの無垢材を削り出しており、美しい市松模様から生み出される陰影が、特別な雰囲気を醸し出します。高級感のなかにもあたたかみを感じさせる美しい木目、洗練されたデザインや卓越した職人技がキラリと光ります。

 

200616名古屋コラム3

お祀りされるお骨壺の大きさによって、置き場所も自由にレイアウトが可能。小さめのお骨壺の場合は、一番下のスペースに大きめの花器にお花を生けたり、フラワーBOXを置いて華やかなさを演出しても素敵ですね。お洒落な方ならの靴やバッグ、お酒好きな方ならワインボトルなどを季節ごとにコーディネートするのもオススメです。あるときは「納骨堂」、またあるときは「メモリアルクローゼット」、いろんなアイディアが浮かんできそうです。

 

200616名古屋コラム6

あなたをこころに思いながらつくるカタチ

それはまるでパズルのよう

ぽっかりと空いたこころ

その隙間にひとつひとつはめ込んでいく思い出のピース

こころをこめて いのりをこめて

あなたと過ごした時間 あなたを感じた時間

そしてあなたを愛おしく思った時間に感謝をこめて

ひとつピースをはめ込むたびに満ち足りるわたしのこころ

寂しくなんかないよ いつもそばにいるよ

あなたの優しさがこころにひろがります

あなたのこころはいつもわたしとともに

 

『祀るお仏壇』から『魅せるお仏壇』へ、日々進化するお仏壇の形。もっと自由な発想で大切な方をお祀りしたい、その感覚をぜひ大切にして頂けたらと思います。名古屋店には沢山の『魅せるお仏壇』を展示しております。ぜひお気軽にお立ち寄り下さいませ。

 

お知らせ一覧へ戻る